PAGE TOP

皮膚のトラブルで最も多いのはカサつき

化粧水の選び方|敏感肌・乾燥肌におすすめの化粧水

化粧水の選び方|敏感肌・乾燥肌におすすめの化粧水

皮膚のトラブルで最も多いのはカサつきではないでしょ
皮膚のトラブルで最も多いのはカサつきではないでしょうか。



乾きによる問題はとてもやっかいで、それがきっかけでシワシミが出来てしまったり、荒れた肌の原因になります。

そこで効果があるのが、化粧水をお風呂上がりにすぐつける事です。肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、化粧水を10秒以内につけるのが効果的です。敏感肌の人にしてみれば、乳液の原料は気になる部分です。



特に刺激がきついのは回避したほうがベターですね。


やっと使っても、さらに肌がかさついてしまってはどうしようか迷います。敏感肌用の乳液も存在するので、それを使うとよろしいかも知れません。ほんと人によっていろんなので、自分に合う乳液を探すのが有意義だと思います。
珈琲や紅茶、緑茶などに含まれることで知られるカフェインは、肌のシミを増やしてしまう一因になるはずです。。
シミが出来てしまう箇所をあちこちに広げたりすることもある上に、長年に渡ってカフェインを摂りすぎると体質的に色素沈着しやすくなってしまうでしょう。

また、緑茶に含まれることで知られるタンニンも肌のシミにとって良くないはたらきをする成分ですし、シミが気になるといった人は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。


顏のシワには困ったものです。できれば、できれば消してしまいたいものです。シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、とっても大きいことがわかっています。



シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。


そして、対策を怠り、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。冷やして熱をとり、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。
こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。肌荒れの予防には、顔を洗い終わったなら、すぐに化粧水などを使用して保湿ケアをおこないます。
どのようなものをつけるのかは、肌質によっても変わってきますし、その時の、体調によっても異なってきますでしょう。毎日、化粧水や乳液、美容液を使っていくのではなく、肌状態とよく相談をするようにしてください。日常的にいろんな保湿剤を用いると、お肌本来の保湿機能が低下します。肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、いろいろな病気が原因の一つとして考えられるのです。
もし、突発的にシミが増えた気がするのであれば、何らかの病気を予兆していたり、すでに疾患が進行している確率が高いため、なるべく早めにクリニックへ診察をうけに行ってください。



あとピーが気になる人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア用品を使用することが望ましいです。


あとピーは塩水との接触によって治癒するという説もあり、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、海でできるだけ海水浴をすると改善すると言われています。しかし、実際には、患部にはかき傷があることがほとんどで、この方法では大変しみてしまうのが欠点です。
喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。肌がなめらかでいられるのは、皮膚の毛細血管のはたらきが良いからです。

しかし喫煙により毛細血管が収縮すると肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。


肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。

その結果、皮膚の表面が荒れて小皺が出てくるのです。

ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙はやめて、その他の気分転換を見つけるようにしましょう。

関連記事